めしあげあみも

裏側、だーくさいど

読まれない記事に関する考察

頑張って記事を書いたのに誰も読んでくれない。

それは「頑張り」≠「読者が読みたい」という事実があるから。

アンチパターン

  1. ただ感想を書いた記事
  2. 単一の製品についてレビューした記事
  3. 自己満足の私はすごい・イケてる記事
  4. ツイッターでやれって記事
  5. ただの愚痴