読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めしあげあみも

裏側、だーくさいど

シャワールーム物語 第一話「時差」

汗だくになり、坂を登りきった私は
漸く寮にたどり着いた。

部屋に戻って扇風機にあたる。

暑い、すぐに風呂に入ろう。

風呂桶とタオルを手にシャワールームへ向かう。

23時30分。少し湯気で曇った時計は
長時間労働を無邪気に知らせる。

髪を洗って身体の汗を落とす。

ぼーっと思考を巡らせる。
起きて働いて、帰ったら風呂入って寝る。
いつもと変わらないルーチンワーク。

部屋に帰って時計を見る。

23時30分。シャワールームには時差がある。